業務用燃料事業:灯油・軽油・重油・潤滑油ほか、地下タンク定期点検や緊急時発電用燃料にも対応の100%JIS企画燃料取扱店です。

灯油

業務用灯油の販売

業務用(工場、病院、ホテル等)で大量に灯油をご利用になられる場合にぜひ当社の配送をご利用ください。緊急時にも対応いたします。

■灯油の豆知識

灯油は、原油の常圧蒸留の際、ガソリンと軽油の間に留出する中間留分で、以前は照明器具などに用いられた油のことで、この場合「ともしびあぶら」と読む。 灯油は引火点が40℃以上で常温より高く比較的安全で取扱いが容易であるため、家庭暖房用燃料として多く用いられているほか、工業用・産業用途としても用いられています。

↓もっと読む

灯油は、日本工業規格(JIS)により2種類に分類される。
1号は「白灯油」で、灯火用および家庭の暖房用・厨房用燃料に使用され、2号は「茶灯油」で、機械洗浄用・溶剤・石油発動機用燃料などに使用されています。
白灯油は精製度が高く特に硫黄分が少ないため無色透明、茶灯油は白灯油に比べ精製度が低くやや色があるためこう呼ばれています。

保管方法は、容器を密栓し直射日光を避け冷暗所に保存し、シーズン中に消費することが望ましい。
シーズン越しの灯油は、保管条件にもよりますが変質・劣化が進行していた場合に、燃料不良、異臭、機器故障が起こる可能性があります。

灯油を床にこぼしてしまったら、新聞紙や乾いた布などで吸い取り、臭いがなくなるまで十分に換気をしましょう。
また、服に灯油が染みついてしまったら、重層で臭いを消すことができます。酸性の灯油をアルカリ性の重層で中和し、十分に中和してから洗濯機に少し多めの洗剤を入れて洗濯しましょう。

業務用燃料、住宅設備、ウォーター事業のお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<
家庭用燃料事業(エナジック)のお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜土曜 9時〜18時 (日曜・祝祭日を除く)
フリーダイヤル 0120-22-1778
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

軽油

業務用インタンク軽油の販売

ガソリンスタンドの地下タンクのような大容量タンクへ、まとまった数量を給油するサービスです。

■軽油の豆知識

軽油の主な用途は、ディーゼルエンジンを搭載した車両や列車の燃料として用いられ、ディーゼル燃料ともいう。 高出力で熱効率の高い製品であるために、負荷の大きいバスやトラック等の大型車両・鉄道車両・船舶用の燃料に向き、ガソリンよりも税金(軽油引取税等)が安いという利点もある。

↓もっと読む

また、「軽油」という名前は重油に対比する形でつけられているもので、日本ではセルフのガソリンスタンドの普及により、誤給油を防ぐ理由から「軽油」の代わりに「ディーゼル」と表記されている場合がある。
英語圏では「Diesel」で、軽油(ディーゼル燃料)の意味となる。

ガソリンエンジンで軽油が使えない理由には、自然発火温度の違いがある。ガソリンの自然発火温度は約500℃、これに対し軽油は約350℃で自然発火するという性質があり、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでは、燃料を燃焼させる構造に違いがあるため、軽油をガソリンエンジンに、ガソリンをディーゼルエンジンに使用することはできません。

ディーゼルエンジンは、軽油に近い性質の灯油やA重油を混ぜても動くため、この特性を悪用し軽油に灯油やA重油を混ぜたものや灯油とA重油を混合したものを「不正軽油」といいます。
不正軽油は二酸化炭素を多く排出したり、軽油だけよりも黒くなるなどの排気ガス問題や、軽油を扱う業者にかけられている「軽油取引税」の脱税手段ともなり、大きな社会問題となっています。

軽油のお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

パトロール給油

パトロール給油 イメージ

軽油を、ローリーに搭載された給油ピストルを使って、工事現場の建設機械や発電機などに直接給油するサービスです。

また、同業者の方で「現場が遠い...。」とか、「数量的に請け負えない...。」など お困りの場合がございましたらご相談ください。 当社ローリーによる代行配送または、同業者間のネットワークを利用し、配送業務の取次・斡旋も承っております。

■パトロール軽油の豆知識

パトロール給油とはタンクローリーにて燃料をお客様にお届けするサービスのことです。 多摩商事では関東一円で熟練した当社係員がどんな状況下でも安全確実に燃料油を配送します。 迅速、安全、確実をモットーに満足していただけるサービスを提供し信頼関係を築きます。

事前に登録、スムーズにご注文

事前に登録しておけば、注文時に配送先住所を伝える手間も省け、より素早い配送を実現します。
配送先が複数あっても効率的に燃料の手配ができます。

パトロール給油のお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

重油

業務用重油の販売

業務用で大量に重油をご利用になられる場合にぜひ当社の配送をご利用下さい。
緊急時にも対応いたします。

重油の用途

ビル・ホテル・寮・病院・学校の暖房・給湯用、食品工場の加熱用、クリーニング工場のプレス・温水供給に運用されるボイラーに多く用いられ、農産物用のビニールハウスのボイラー、温風暖房でも使用されています。

■重油の豆知識

重油は、原油を常圧蒸留しガソリン・灯油・軽油を分留した後の、高沸点の石油製品でディーゼル機関・大型ボイラーなどの燃料として使用されます。タールやアスファルトを含むため、褐色または黒褐色の重質油で粘度が高くなっています。他の石油製品よりも沸点が高く重粘質であることから名づけられています。

↓もっと読む

重油は、重粘度により3種類に分類されています。
A重油 / 軽油90%に少量の残渣油を混ぜたもの
B重油 / 残渣油と軽油を半量程度ずつ調合したもの(現在はほとんど生産されていません)
C重油 / 残渣油90%以上に軽油少量を混ぜたもの

A重油の中でも、硫黄分により1号および2号に細分され、低硫黄の1号はLSA重油と呼ばれ、主として農耕機や漁業用の中小型船舶の燃料として、環境問題や大気汚染問題に配慮するため、ビル、病院、学校の暖房・給湯用、食品工場の加熱用に運用されるボイラーに多く用いられています。
また、高硫黄の2号はHSA重油と呼ばれ、非自動車用ディーゼルエンジン、小・中規模ボイラーの燃料などに用いられています。

B重油およびC重油
船舶用の大型ディーゼルエンジン、工場や発電所などの大規模ボイラーの燃料などに用いられています。

重油のお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

緊急時燃料

緊急時燃料 イメージ

停電時に緊急時燃料を供給します!
電力は企業の生命線と言っても過言ではありません、停電時にも発電設備への緊急時燃料を供給いたします。事業を止めることなく継続する為のお手伝いをいたします。

業種・業界を問わずサポートいたします
緊急時でも業務は止められません。御社のニーズに即した発電設備への安定した緊急時燃料供給をご提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

ITシステム会社 イメージ
■ITシステム会社
電力が不可欠の業界です、停電を回避しリスクを未然に防ぎます。
医療・福祉関係イメージ
■医療・福祉関係
医療機関での停電は多くの人命に関わります。長期間発電できる安心をご提供します。
金融・証券会社 イメージ
■金融・証券会社
システムダウンが自社のみならず社会に大きな影響を及ぼします。具体的な発電対策をご提案させていただきます。
サーバー運営イメージ
■サーバー運営
確実に発電用の燃料を確保し、無停電化をサポートいたします。
オフィスビル運営 イメージ
■オフィスビル運営
緊急時でも揺るがない安定した燃料供給をサポートいたします。
 
 

事前に契約、スムーズにご注文

事前に契約しておけば、注文時に配送先住所を伝える手間も省け、より素早い配送を実現します。 配送先が複数あっても効率的に燃料の手配ができます。

緊急時燃料のお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

高品位尿素水 AdBlue®(アドブルー)

「AdBlue®」(アドブルー)のご案内

 多摩商事では、日本化成で製造された高品質の「AdBlue®」(アドブルー)を、お客様のご希望に応じた最適な供給スタイルでお届けします。高品位尿素水「AdBlue®」は、ディーゼルエンジン車の排出ガス中に含まれる窒素酸化物(NOx)を低減する為に用いられる化学品で、JIS規格(※)に適合したものです。

(※)JIS規格
JIS規格とは日本工業標準審査会によって定められたものです。AdBlue®は、JIS K2247-1の品質規格適合品です。同規格では、「尿素SCRシステム」に適正に作動する為の本製品の規格値が定められています。

商品ラインナップ

AdBlue®は、以下の商品ラインナップをご用意しました。尿素SCRシステム搭載のディーゼル車を複数台所有のお客様には1立方メートル(1000L)コンテナが便利です。タンクローリーにて配達いたします。

1立方メートル(1000L)コンテナ

容量:1050L
内容器:高密度ポリエチレン製
サイズ:1000mm(幅)×1200mm(奥行)×1149mm(高さ)
総重量:1153kg
コンテナ自重(空):約63kg

AdBlue
200Lドラム缶(プラスチックドラム)

容量:204L 内容器:高密度ポリエチレン製
サイズ:直径581mm×高さ900mm
総重量:2 28.5kg
ドラム自重(空):約10.5kg

AdBlue
BIB(バッグ・イン・ボックス)容器
20L用
AdBlue
5Lポリ缶

容量:5L
内容器:高密度ポリエチレン製

AdBlue
アドブルーのお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

潤滑油

自動車用潤滑油
 ・ガソリンエンジン油
 ・ディーゼルエンジン油
 ・2サイクルエンジン油
 ・LPGエンジン油
 ・自動車用ギヤ油
 ・その他自動車用潤滑油・ケミカル

工業用潤滑油
 ・油圧作動油
 ・タービン油
 ・汎用・多目的油
 ・ギヤ油
 ・摺動面油
 ・圧縮機油
 ・真空ポンプ油
 ・冷凍機油
 ・熱媒体油
 ・油膜軸受油
 ・その他潤滑油・特殊品
金属加工油
 ・切削油
 ・熱処理油
 ・さび止め油
 ・放電加工油
 ・プレス油
 ・圧延油

船舶用/自家発・コージェネ用潤滑油
 ・船舶用
 ・自家発・コージェネ用

グリース
 ・自動車用グリース
 ・工業用グリース

工業用揮発油/ソルベント
 ・工業用揮発油
 ・ソルベント
潤滑油のお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

地下タンク気密検査

地下タンクの点検はもうお済みですか?

地下タンク気密検査の必要性
近年、地下タンク等の危険物施設では、腐食等の劣化による漏洩事故が増加しております。一旦漏洩事故を発生させるとその被害は施設の周囲にまで影響を及ぼし、近隣施設や環境に甚大な被害をあたえるおそれがあります。

消防法では...
設置後15年以上経過した地下タンク・埋設配管においては、年一回以上の漏洩点検が必要です。

3年に一回でよい場合は危険物の漏れを覚知し、その漏洩拡散を防止する処置等が講じられているものとなっています。 但し、下記の様に漏洩拡散を防止する処置等が満たされていない場合は年一回以上の漏洩点検が必要になります。

↓

◆漏洩検査管による1週間に一回以上の点検。
◆危険物の貯蔵、取扱の数量の100分の1以上の精度で在庫管理を行うこと。
◆地下タンク・埋設配管より危険物の流出を防止する為の区画が設けられていること。
◆電気防食の処置が講じられていること。
◆所有者等は、危険物の在庫管理に従事する者の職務及び組織、当該者に対する教育、在庫管理の方法、
 危険物の漏れが確認された場合に取るべき処置に関すること、その他必要な事項について計画を定め
 市町村等に届け出ること。

↓
地下タンク気密検査のお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

配達エリア

配達は東京都、埼玉県、神奈川県を中心としたエリア。
ほか地域はご相談ください。

業務用燃料 配達エリアマップ 東京都、埼玉県、神奈川県を中心としたエリア
業務用燃料 配達エリアのお問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<

他社との違い

100%JIS規格燃料取扱い店です。

不正軽油は、一切取扱っておりません。

当社は軽油に関しましては全数量、石油元売りより仕入れをし、不正軽油と思われる異常に安値で取引されている商品は、一切取扱っておりません。

Time is Money!! 給油は、燃料配達専門店に!

契約業者様の不規則な終業後、運転手さんは、わざわざガソリンスタンドに明日の給油をする時間(事故リスク、自走コスト、残業)と寄り道などをせず直接帰社する事が出来ます。

不規則な時間にパトロール給油を行う事によって無人の置き場、駐車場は有人となり作業時間内は夜間無人となる会社、駐車場、ガレージ、置き場が大半で、セキュリティ面でも喜んで頂いております。

お客様に対する想いは、どの業者にも負けません。
お問い合わせはこちら 営業時間 月曜〜金曜 9時〜18時
TEL:042-471-6211 /FAX:042-472-2743
>>  インターネットでのお問い合わせはこちら <<